読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

田岡一雄自伝《電撃篇》(電子復刻版)

田岡一雄自伝《電撃篇》(電子復刻版)
電子書籍版
価格 550円(税込)
ポイント還元 5ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 216
販売開始日 2012/10/01

大正2年、田岡一雄が徳島の寒村で生まれたとき、父はすでに病没していた。極貧の中、過労のため母をも失った少年は神戸の叔父にひきとられ、孤独の癖にひきこもるが、同時に喧嘩も強くなった。小学校卒業と同時に旋盤見習工になった彼は、ある日、現場主任を殴打、工場を辞めるが、そんな彼に声をかけたのが同級生の山口秀雄、山口組二代目・山口登の弟である。やがて全国制覇をとげる男の血の記録!

田岡一雄関連作品

徳間文庫関連作品

  • 新着!
    ふたまたな女たち 550円
    作家 末廣圭
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2020/07/10

    こらえきれない女たち。バレなきゃいいの! もう一本は蜜の味。

  • 新着!
    明治爛熟えろす (1~3巻) 550円
    作家 睦月影郎
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2020/07/10

    「書によれば、西洋ではお嬢様の気が昂ぶると、下僕が秘所を舐めて鎮めるとか」<br>克利の嘘八百に、令嬢は予想以上に激しく反応した。<br>「私でよければ何でもいたします」と、彼は令嬢の花園に.....

  • 新着!
    秘情 550円
    作家 末廣圭
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2020/07/10

    パックンOK、バックオーライ。あぁ~ン、婦人警官だってもよおします!

  • 新着!
    明治満開色ごよみ (1~3巻) 550円
    作家 睦月影郎
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2020/07/10

    「大きいけれど大丈夫かしら」<br>「濡れれば入るでしょう。最初は痛いらしいけど」<br>六郎の若棒に顔寄せて、生娘二人はひそひそと...<br>明治も半ばの帝都東京。新聞雑誌にポンチ絵を描く六...

  • 新着!
    男は悦楽 550円
    作家 末廣圭
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2020/07/10

    うなだれているひまなぞないッ! 寂しい男が十人いれば、淋しい女も十人いるのさ。

  • 新着!
    熟女と少年 550円
    作家 睦月影郎
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2020/07/10

    裾をまくり、ズロースというのか腰までの大きな下着を引き下ろすと、<br>「ああ」優子は両手で顔を覆った...<br>高校生亮太が訪ねた美しい伯母の家には、なぜか時空の裂け目が。<br>戦前へと入...

「人物評伝」カテゴリ