読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

中公文庫の作品一覧

1121件中1-24件 (1/47ページ)
  • 私の彼は腐ってる 748円
    作家 九条菜月
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/05/21

    祖父の死で天涯孤独になった揚羽。その時、約束通り迎えにきてくれた許婚の伊織と同居するが、なぜか彼は広い洋館で姿を見せない。執念で探し出し問い詰める最中、伊織の腕がぼとりと落ちた。「じつは私、ゾン...

  • 北条早雲 (2~4巻) 858円902円
    作家 富樫倫太郎
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/05/21

    後に「北条早雲」と呼ばれることになる伊勢新九郎。父の任地・備中荏原郷で過ごした幼少期から、都で室町幕府の役人となり、駿河でのある役目に乗り出すまで――稀代の悪人にして、一代で伊豆・相模を領する大...

  • 論語 1760円
    作家 貝塚茂樹
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/04/30

    二千五百年の長きにわたり読み継がれてきた、孔子やその弟子たちの言行録。簡潔・素朴でありながら深い含蓄のある言葉には、生きる智恵が詰まっている。新解釈を交えつつ、新注・古注に照らして懇切な解説を付...

  • 刑事・鳴沢了 (1~3巻) 935円
    作家 堂場瞬一
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/04/30

    祖父・父を継いで新潟県警捜査一課の刑事となった鳴沢了は、晩秋の湯沢で殺された老女が、かつて宗教教団の教祖で、五十年前に殺人事件に関わったことを突き止めた。了は二つの事件の関連を確信するが、捜査本...

  • さむらい道(合本版) 1980円
    作家 高橋義夫
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/04/30

    山形の大守・最上義守の子として生まれた義光は、いかにして父義守との家督相続争いや天童・白鳥氏、そして伊達氏らとの峻烈な内憂外患を乗り越え、山形に君臨することができたのか!? その幼少期から一六〇...

  • 大暴落 ガラ 内閣総理大臣・三崎皓子 968円
    作家 幸田真音
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/04/30

    日本初の女性総理大臣となった三崎皓子だが、党重鎮の横槍で組閣が滞る。そんななか「今後の降雨量次第では、荒川が決壊し東京が水没する」との情報が入り、台風も相次いで発生...。一方、時を同じくして一...

  • 装丁物語 924円
    作家 和田誠
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/04/30

    絵を描き、文字を配し、用紙を選んで一冊を作り上げる。そのデザインの源泉は書物への深い愛着。星新一から村上春樹まで――惜しみなく披露する本作りの話。 〈電子版は和田さんの装丁をカラーで満載〉

  • さむらい道 (全2巻) 990円
    作家 高橋義夫
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/04/30

    山形の大守・最上義守の子として生まれた義光は、いかにして父義守との家督相続争いや天童・白鳥氏、そして伊達氏らとの峻烈な内憂外患を乗り越え、山形に君臨することができたのか!? その幼少期から一六〇...

  • 詩人の旅 増補新版 990円
    作家 田村隆一
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/04/30

    小海線の車窓の眺め、若狭の水、奥津の温泉......。荒地の詩人は、ウイスキーを道連れに日本各地に旅立った。「ぼくの感情旅行」と雑誌『旅』の作品を中心にユーモラスな十二の紀行文とエッセイ「ぼくの...

  • 細菌と人類 終わりなき攻防の歴史 990円
    作家 ウィリー・ハンセン ジャン・フレネ 渡辺格
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/04/24

    古代人の鋭い洞察から、細菌兵器の問題まで、〈見えない敵〉との闘いに身を投じた学者たちのエピソードとともに、発見と偏見の連綿たる歴史を克明にたどる。

  • 疫病と世界史 2640円
    作家 ウィリアム・H・マクニール 佐々木昭夫
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/04/24

    疫病は世界の文明の興亡にどのような影響を与えてきたのか。紀元前五〇〇年から現代に至るまで、人類の歴史を大きく動かした感染症の流行を見る。

  • 疫病と世界史 (全2巻) 1320円
    作家 ウィリアム・H・マクニール 佐々木昭夫
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/04/24

    疫病は世界の文明の興亡にどのような影響を与えてきたのか。紀元前五〇〇年から紀元一二〇〇年まで、人類の歴史を大きく動かした感染症の流行を見る。

  • 夢の上 夜を統べる王と六つの輝晶 (全3巻) 990円
    作家 多崎礼
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/04/22

    六つの輝晶は、叶わなかった六人の夢。王に謁見した夢売りの掌の上、翠輝晶はその花片を開き、語り始める。ささやかな幸せを願いながらも死影に憑かれてしまったアイナの、宮殿を追われた王子アライスとの出会...

  • 化学探偵Mr.キュリー (1~9巻) 682円726円
    作家 喜多喜久
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/04/22

    「もし俺が警察なら、クロロホルムを嗅がされたという人物を疑うぞ」大学で起こる謎を不遇の天才化学者が解き明かす!

  • 出張料亭おりおり堂 ほこほこ芋煮と秋空のすれ違い 792円
    作家 安田依央
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/04/22

    ついに山田澄香は、仁にプロポーズされた――はずなのだが、ふたりの関係はその後も深海生物の進化ほど変化がなかった。一方、店には澄香を追い出すため暗躍する孝、記憶喪失の虎太郎、更には仁を狙う(?)謎...

  • 冷たい檻 968円
    作家 伊岡瞬
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/04/22

    北陸地方にある村の駐在所から、警官が失踪した。県警本部から派遣された調査官・樋口藤吾は、後任の駐在・島崎巡査部長と共に失踪の謎を追う。そして、過去に発生した事件や事故が、村に存在する大型複合医療...

  • ペスト 1320円
    作家 ダニエル・デフォー 平井正穂
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/04/21

    極限状況下におかれたロンドンの市民たちを描いて、カミュの『ペスト』以上に現代的でなまなましいと評される、十七世紀英国の鬼気せまる名篇の完訳。

  • 新装版 強運な女になる 682円
    作家 林真理子
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/03/31

    強くなることの犠牲を払ってきた女だけが、オーラを持てる。ぴかりと光る存在になるために、運気を貯金しよう......使い方は、あなたしだい。心の贅沢を味わえる女になるために、そしてエイジレスな女を...

  • 百鬼園先生雑記帳 附・百閒書簡註解 990円
    作家 平山三郎
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/03/31

    名著『阿房列車』シリーズでお馴染みヒマラヤ山系氏による百鬼園文学の副読本。「百閒先生日暦」「『冥途』の周辺」「漱石をめぐって拾遺」ほか七篇を収録。「百閒先生書簡註解」は、昭和二十三年五月から二十...

  • 御蔵入改事件帳 770円
    作家 早見俊
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/03/31

    長崎奉行を馘首になった荻生但馬は、三味線三昧の気ままな日々を送っていた。だが、その仕事ぶりが長崎でも評判だった男を幕閣も放っておかず、新役の御蔵入改方頭取に任ずる。町奉行所や火付盗賊改が取り上げ...

  • 日本の文学 946円
    作家 ドナルド・キーン 吉田健一
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/03/31

    三島由紀夫が「学問的に精細な類書はこれ以後に出ることがあっても、これ以上に美しい本が出ることは、ちょっと考えられない」と評した、日本文学研究者としての出発点。後年の研究の核となる、日本文学のエッ...

  • 死香探偵 (1~3巻) 704円
    作家 喜多喜久
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/03/19

    分析オタクのイケメン准教授×死の香りをかぎ分ける青年が、不審死事件を《嗅ぎ》解く!「キュリー」著者の最新作!

  • もぐら新章 (1~2巻) 748円
    作家 矢月秀作
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/03/19

    ITベンチャーの雄・仲井啓之が、自社システムの試験中、予期せぬ誤作動によって爆死した。事件性を疑う警視庁は、同社と関わりが深い沖縄県にサイバー犯罪対策課・益尾徹を派遣。一方、「もぐら」こと影野竜...

  • 比ぶ者なき 946円
    作家 馳星周
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/03/19

    彼の名は藤原不比等。自らの野望のために一三〇〇年の間、日本人を欺き続けた男――。ノワール小説の旗手が放つ、衝撃の古代歴史巨編 万世一系、天孫降臨、聖徳太子――すべてはこの男がつくり出した。藤原...

セーフサーチの状態