読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「双葉社」から出版された作品

40件中1-24件 (1/2ページ)
  • 女性の死に方 1540円
    作家 西尾元
    出版社 双葉社
    販売開始日 2020/02/21

    現役の法医学者として、主に「異常な死に方」で亡くなった遺体と向き合う日々。近年、気になっているのが「女性の死」だという。高齢者層の増加に加え、伴侶との死別や離婚、未婚によってひとり暮らしの女性が...

  • ラディカルズ 世界を塗り替える <過激な人たち> 1584円
    作家 ジェイミー・バートレット 中村雅子
    出版社 双葉社
    販売開始日 2019/09/20

    トランプ現象、英国のEU離脱、世界中で議席を獲得する極右政党......同時多発的な「まさか」の立役者は、以前なら「過激派」「変人」と呼ばれ相手にされなかった人々=<ラディカルズ>。これからの時...

  • 自衛隊さん ありがとう ~知られざる災害派遣活動の真実~ 1232円
    作家 井上和彦
    出版社 双葉社
    販売開始日 2019/04/26

    頻発する激甚災害の裏で活躍する自衛隊だが、その活動が最もクローズアップされたのは、先の東日本大震災だった。“オール自衛隊”で臨んだ東日本大震災の死闘――現地取材で判明した感動秘話を紹介。以降の激...

  • LGBTと家族のコトバ 1320円
    作家 LGBTER
    出版社 双葉社
    販売開始日 2019/02/01

    国会議員の「生産性がない」発言や、『新潮45』の記事などで議論を巻き起こしたLGBT問題。本書は「娘が息子になった家族」や「かつては母だった父」、「ゲイ3人で同棲するカップル」など、LGBT当事...

  • 許せないを許してみる 籠池のおかん「300日」本音獄中記 1320円
    作家 籠池諄子
    出版社 双葉社
    販売開始日 2018/12/28

    2017年2月、国有地払い下げ報道に端を発し、日本中の注目を集めた森友学園事件。その渦中にいた籠池泰典・諄子夫妻は、同年7月、大阪地検特捜部により逮捕され、2018年5月に保釈が認められるまで大...

  • 誰が世界を支配しているのか? 1408円
    作家 ノーム・チョムスキー 大地舜 榊原美奈子
    出版社 双葉社
    販売開始日 2018/07/20

    『アメリカンドリームの終わり』が話題となっている、知の巨人、ノーム・チョムスキーが2016年に執筆した本書は、これまで一貫して米国政府の横暴や、それに従う御用メディア、御用知識人を批判してきた彼...

  • 真冬のタンポポ 覚せい剤依存から立ち直る 1232円
    作家 近藤恒夫
    出版社 双葉社
    販売開始日 2018/06/15

    有名人の覚せい剤使用にまつわる事件が頻発している。ひとたび逮捕されれば、メディアから徹底的に批判され、多くの者が信用や信頼、時には仕事そのものまで失ってしまう。だが、人がなぜ覚せい剤に手を出し、...

  • 田中角栄 攻めのダンディズム 1320円
    作家 向谷匡史
    出版社 双葉社
    販売開始日 2018/04/20

    今の日本には田中角栄がたりない‐‐。 本物の情を武器に修羅場を勝ち抜いた男としての処し方とは。 激動の時代を治めた大宰相の素顔に迫る評伝 平成30(2018)年は角栄の生誕から百年、没後二十五...

  • 43回の殺意 川崎中1男子生徒殺害事件の深層 1320円
    作家 石井光太
    出版社 双葉社
    販売開始日 2018/03/16

    2015年2月20日、神奈川県川崎市の多摩川河川敷で13歳の少年の全裸遺体が発見された。事件から1週間、逮捕されたのは17歳と18歳の未成年3人。彼らがたった1時間のうちに、カッターの刃が折れて...

  • 迷宮探訪 時効なき未解決事件のプロファイリング 1232円
    作家 「週刊大衆」編集部
    出版社 双葉社
    販売開始日 2018/03/16

    ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ...

  • 一晩でわかる 経営者の法律知識 1232円
    作家 大山滋郎
    出版社 双葉社
    販売開始日 2018/02/16

    ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 独...

  • 世界の著名人が伝えていた ヒロシマからの言葉 880円
    作家 佐藤美由紀
    出版社 双葉社
    販売開始日 2017/11/15

    世界ではじめて原爆の被害に遭った街・広島で、世界ではじめて原爆という核兵器を使用した国アメリカの大統領が発した言葉に注目が集まった。ところでこれまでにも多くの著名人たちが広島を訪れている。本書で...

  • 元東京地検特捜部検事・政治家の闘い 参謀力 -官邸最高... 1144円
    作家 若狭勝
    出版社 双葉社
    販売開始日 2017/09/27

    小池百合子・都知事の“参謀役”として、新都政を誕生させた、名参謀・若狭勝氏(衆議院議員)の著書。若狭氏は東京地検特捜部に在籍し、26年間、検事を務めた。本書には同氏の「元東京地検特捜部検事・政治...

  • 進次郎メソッド 1144円
    作家 向谷匡史
    出版社 双葉社
    販売開始日 2017/06/27

    時には総理や党重役に噛みつきながらも、実力を認めさせ、仲間を増やしてしまう、政界の若きプリンス・小泉進次郎。その巧みな自己プロデュース力、相手を引き込む対話術、どんな難物も説得する交渉術など、ビ...

  • 孤独死大国 予備軍1000万人時代のリアル 1232円
    作家 菅野久美子
    出版社 双葉社
    販売開始日 2017/05/30

    ひとりで死に、長期間誰にも発見されることのない、孤独死。定義は定まっていないが、今後日本で100万人規模で発生されることが予想されている。孤独死が起こった現場はどうなるのか、残された遺族は何を感...

  • 死体格差 解剖台の上の「声なき声」より 1232円
    作家 西尾元
    出版社 双葉社
    販売開始日 2017/05/16

    死体にも「格差」がある――。解剖台の上の遺体には、その人が生前、どのように生きてきたか、その痕跡が数多く残されている。老い、孤独、貧困、病...一つ歯車が狂えば、誰もが“悲しい死”を迎える可能性...

  • 日本人が知らない「天皇と生前退位」 880円
    作家 八柏龍紀
    出版社 双葉社
    販売開始日 2016/12/21

    8月8日、天皇陛下による異例の「お気持ち表明」から議論となっている天皇の生前退位。今後、皇室典範の改正をはじめ、国民的な議論になることは間違いない。では、我々は議論の本質をどう捉えればいいのだろ...

  • 田中角栄の新日本列島改造論 1144円
    作家 大下英治
    出版社 双葉社
    販売開始日 2016/11/01

    「今、田中角栄がいたら、日本の難題をどう解決するか......」1972年に発表した『日本列島改造論』の作成に関わり、角栄の“脳みそ”を良く知る元官僚や政治家11人の証言で構成する「新・日本列島...

  • 万引き老人 1320円
    作家 伊東ゆう
    出版社 双葉社
    販売開始日 2016/06/28

    老後貧困、貧困老人といった言葉が流布する現代社会。高齢者世代の「困窮」は、万引きの現場に目を移すとその輪郭をハッキリと現す。万引きに走る原因は収入、貯蓄の不足、無収入といった金銭的な困窮はもちろ...

  • 元警察署長が教えるお巡りさんの上手な使い方 1232円
    作家 石橋吾朗
    出版社 双葉社
    販売開始日 2016/05/10

    誰もができるならば関わりたくない、と思っているであろう、警察。しかし、なんらかの事件や事故に巻き込まれた際、警察と関わらざるを得なくなった時、イメージばかりが先行するだけで実際の警察がどんなもの...

  • トランプ革命 1320円
    作家 あえば直道
    出版社 双葉社
    販売開始日 2016/04/12

    2016年のアメリカ大統領選では、政治経験のない実業家のドナルド・トランプ氏が注目を集めている。オバマ政権の外交政策や移民問題をめぐるその奔放な発言について、日本では面白おかしく見る向きもあるが...

  • 日本人は知らない「地震予知」の正体 1056円
    作家 ロバート・ゲラー
    出版社 双葉社
    販売開始日 2016/02/16

    福島原発事故は果たして「想定外」だったのか? 浜岡原発の地震発生確率84%の信ぴょう性は? 地震予知が当たらない本当の理由 打ち出の小槌と化している東海地震 日本の防災をダメにしている元凶など、...

  • 安倍談話と朝日新聞 慰安婦問題と南京事件はいかにして捏... 1232円
    作家 勝岡寛次
    出版社 双葉社
    販売開始日 2015/12/18

    朝日新聞の報道に端を発した慰安婦問題、南京事件は、いかにして“デッチ上げ”られたのか? また、朝日新聞はこれらの報道をどのようにして訂正するに至ったのか? そして、15年8月に安倍首相が発表した...

  • ウェブニュース一億総バカ時代 704円
    作家 三田ゾーマ
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉新書
    販売開始日 2015/09/01

    あなたが見ているそのウェブニュース、実は広告かもしれない。ほぼ無料で運営されているニュースサイトの収益構造を解説するとともに、そこで「広告」と見えないような「記事」が、どのような企業の働きかけと...

セーフサーチの状態