読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊
37件中1-24件 (1/2ページ)
  • "半七捕物帳"x

. 絞り込み検索

人物で絞る 出版社で絞る 価格で絞る 販売開始日で絞る
  • 半七捕物帳 二十九 熊の死骸 岡本綺堂/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/06/27

    弘化二年正月二十四日、青山の権田原から麻布、六本木、芝の三田から高輪までを焼き尽くす大火事があった。半七は子分の松吉とともに高輪に住む仲間を助けるべく火事...

  • 半七捕物帳 三十 あま酒売 岡本綺堂/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/06/27

    安政四年の正月から三月にかけて不可思議な噂が江戸に広まる。 毎日、暮れ六ツ、いわゆる「逢魔が時」の頃に、ひとりのお婆さんがどこからか出てきて、甘酒を売り歩...

  • 半七捕物帳 二十八 雪達磨 岡本綺堂/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/06/27

    文久2年大雪に見舞われた正月の雪が溶け出した十七日、六、七尺もあろうかという大きな雪達磨の中から、座禅を組んだような形の男の死体が出てくる。 男の身体には...

  • 半七捕物帳 七 岡本綺堂/著 220円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/06/27

    江戸末期に活躍した岡っ引である半七の捕物帳の第七巻。近代日本の探偵小説の傑作。九話を収録。

    試し読み 試し読み
  • 半七捕物帳 二十六 女行者 岡本綺堂/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/06/20

    文久元年九月、半七は茅場町にいる女行者についての調査を命じられる。 調査を命じられた女行者は、祈祷を業としている、十七、十八の美しい娘だったが、信者よりか...

  • 半七捕物帳 二十七 化け銀杏 岡本綺堂/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/06/20

    文久元年も押し迫った十一月二十四日、豪商河内屋へ「狩野探幽斎が描いた鬼の図の軸を五百両で売りたい」と本郷森川宿の旗本稲川伯耆の用人が話を持ってきた。河内屋...

  • 半七捕物帳 六 岡本綺堂/著 220円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/05/30

    江戸末期に活躍した岡っ引である半七の捕物帳の第六巻。近代日本の探偵小説の傑作。十話を収録。

    試し読み 試し読み
  • 半七捕物帳 五 岡本綺堂/著 220円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/04/25

    江戸末期に活躍した岡っ引である半七の捕物帳の第五巻。近代日本の探偵小説の傑作。十話を収録。

    試し読み 試し読み
  • 半七捕物帳 四 岡本綺堂/著 220円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/04/25

    江戸末期に活躍した岡っ引である半七の捕物帳の第四巻。近代日本の探偵小説の傑作。十話を収録。

    試し読み 試し読み
  • 半七捕物帳 二十五 狐と僧 岡本綺堂/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/04/25

    嘉永二年、谷中にある時光寺の住職・英善がいつの間にか狐になったという不可思議な噂が立った。仏事を終えた英善は、その帰途「ほかへ廻る」と小坊主の英俊だけを先...

  • 半七捕物帳 二十四 小女郎狐 岡本綺堂/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/04/18

    『御仕置例書』とは、江戸の奉行所に各地の代官所から判断が難しい裁きについて、問い合わせてきたものをまとめた帳面をいう。半七は、そこから下総国新石下村で寛延...

  • 半七捕物帳 十 広重と河獺 岡本綺堂/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/04/04

    2つの別々の話から成る作品。 『広重』は浅草田町の辺りで起きた事件。旗本屋敷の大屋根の上で、3、4歳の女の子の死体が見つかる。身元もそうだが、どうやってそ...

  • 半七捕物帳 二十三 鬼娘 岡本綺堂/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/04/04

    文久元年七月、半七の家に馬道の庄太が駈け込んでくる。 前日、台所で行水をつかっていた隣家の娘お作が、何者かに殺されたという。実は半月ほど前から、馬道近辺に...

  • 半七捕物帳 十六 津の国屋 岡本綺堂/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/04/04

    弘化四年六月、常盤津の女師匠である文字春は、浴衣を着た十六・七の娘が後をついてくるのに気付き、気味悪く思いながらも声をかける。娘は、文字春が住む町内にある...

  • 半七捕物帳 十一 朝顔屋敷 岡本綺堂/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/04/04

    安政三年十一月十六日、半七は、八丁堀の同心から呼ばれ、出かけていったところ、旗本の杉野家の用人から内密に相談を受ける。 杉野家の嫡男大三郎が、姿を消してし...

  • 半七捕物帳 十八 槍突き 岡本綺堂/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/04/04

    文化三年、突然、闇の中から槍で往来の人を突くという事件が続いたが、当時、下手人はわからずじまい。 そして約20年後の文政八年にもいわゆる『槍突き』が続発し...

  • 半七捕物帳 十九 お照の父 岡本綺堂/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/04/04

    慶応元年五月の午後、半七のところに柳橋で芸妓をしているお浪が駈け込んできた。その日の朝早く、何者かが芸妓屋を営む新兵衛の家に押し入り、新兵衛が殺されたとい...

  • 半七捕物帳 二十一 蝶合戦 岡本綺堂/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/04/04

    かの吉良上野介の屋敷のあった、本所松坂町に住んでいた善昌という尼は、その自宅に弁天像を祭り、信者を集めていた。 万延元年六月に、近くの竪川で幾万という蝶が...

  • 半七捕物帳 二十 向島の寮 岡本綺堂/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/04/04

    慶応二年の梅雨の頃、生薬屋の主人である平兵衛が半七のところへ相談に来る。 同店で働く女中のお徳の妹お通が、向島にある大家の寮に奉公したが、奉公先が気味が悪...

  • 半七捕物帳 十四 山祝いの夜 岡本綺堂/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/04/04

    八丁堀同心の奥さんの産後見舞いに、箱根に向かっていた半七と子分の多吉。 旅に出て二日目の晩、泊まっていた宿で事件が起こる。商人が殺され、胴巻きの金が盗まれ...

  • 半七捕物帳 九 春の雪解 岡本綺堂/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/04/04

    慶応元年、雪がちらつく中、半七は、ある建物の門前で、女を振り切ろうとする按摩の徳寿を見かける。 数日後にも同じ場面に遭遇、徳寿から事情を聞くことにする。徳...

  • 半七捕物帳 十五 鷹のゆくえ 岡本綺堂/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/04/04

    逃げた鷹の行方を突き止めることができるのか? 安政六年十月、半七は八丁堀の同心に朝から呼び出される。 申し渡された用件は、鷹の探索。将軍家の鷹匠である光...

  • 半七捕物帳 十三 弁天娘 岡本綺堂/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/04/04

    安政元年、神田明神下にある山城屋の番頭利兵衛が、半七のもとを訪れる。 小僧の徳次郎が病気になり、実家で息を引き取ったという。ただ、死に際に徳次郎が、店の一...

  • 半七捕物帳 二十二 筆屋の娘 岡本綺堂/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/04/04

    慶応三年八月、下谷広徳寺前の筆屋『東山堂』の姉娘おまんが急死した。 筆屋『東山堂』は姉のおまんと、妹のお年が、筆の穂先を舐めて毛を揃えてくれることから『舐...

セーフサーチの状態