読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

昭和の東京 12の貌

昭和の東京 12の貌
電子書籍版
価格 1019円(税込)
ポイント還元 10ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 320
販売開始日 2019/01/18
紙書籍版 取り扱い中

平成31年は、天皇陛下が退位して皇太子が新天皇に即位し、5月からは新しい元号になります。また、翌年には2回目の東京五輪が開催されます。一回目の東京五輪は昭和39年に開催され、それを契機に昭和後半の日本は高度経済成長の波に乗り、経済大国の道を突き進みました。しかし、平成に入ると、バブルが崩壊し、政治や社会の様々な歪みが顕著となってきました。この間、日本の首都・東京はどのように変貌を遂げたのか。
本書は、月刊『文藝春秋』で連載した「50年後の『ずばり東京』」から、主に東京の街の変遷を描いた12本の記事を選んで収録しました。毎回違うノンフィクション作家が自身で取材するテーマや街を選び、リレー形式で執筆したもので、昭和と平成という二つの時代を筆者が行き来するルポルタージュです。

〈本書の内容〉
東京五輪 “負の遺産”――首都高とモノレール 古市憲寿
佃――タワマンと神事に則る祭り 中原一歩
銀座――消えた銀座警察 清武英利
谷根千――下町と観光地の狭間で 森まゆみ
ひばりが丘――最先端団地の「夢の跡」奥野修司
秋葉原――電気街の六つの地層 神田憲行
山谷――「日雇い労働者の町」は変貌した 水谷竹秀
夢の島――悪臭の山から緑の森へ 福田ますみ
永田町――「権力の三角地帯」は空洞化した 常井健一
吉原――元祖風俗ライターが棲んだ街 小野一光
福生――「70年代の青春」の残り香 三山喬
足立区――高度成長を下支えして 八木澤高明

文藝春秋関連作品

  • CREA Traveller (1~28巻) 713円1200円
    作家 CREA Traveller編集部 文藝春秋
    出版社 文藝春秋
    販売開始日 2020/06/30

    ブルガリ オムニア、薫り高き女性の肖像 特集 美しき恵みの島シチリア。 マンジャーレ!おいしいシチリア 指折りのリゾートは太陽と歴史がいっぱい タオルミーナ アグリでごはん! ローマ時代のビキニ...

  • Number PLUS 野村克也と名将の言葉学。 (S... 1300円
    作家 文藝春秋
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/06/25

    野村克也の言葉学。 [スペシャルインタビュー(1)] 古田敦也 「言葉の雨で学んだ理論と駆け引き」 [スペシャルインタビュー(2)] 高津臣吾 「監督の言葉は答えでなく問いだった」 [...

  • 月刊文藝春秋特別編集 コロナと日本人 私たちはどう生き... 1200円
    作家 文藝春秋
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/06/25

    佐藤優×片山杜秀 コロナで変わる世界史 ■コロナ不況から暮らしを守る 玉木雄一郎 補正予算200兆円のまやかし 対策はもっと大きく、早く、簡素に! 神谷秀樹 トランプバブル崩壊 株、債券、土地...

  • 別冊文藝春秋 (1~32巻) 200円801円
    作家 文藝春秋
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/06/19

    1946年に創刊以来、井伏鱒二、川端康成、坂口安吾、三島由紀夫......と綺羅星の如き作家が登場してきた「別冊文藝春秋」が、電子版へと大リニューアル。記念すべき電子化第一号は、道尾秀介と綾野剛...

  • CREA (62~62巻) 750円
    作家 CREA編集部 文藝春秋
    出版社 文藝春秋
    販売開始日 2020/06/05

    自分らしく生きる大人の女性に支持されています。その時々に注目されているテーマを毎号取り上げ、ハイセンスな誌面デザイン、読み応えある記事で徹底的に特集しているワンテーママガジンです。

  • 週刊文春WOMAN (1~5巻) 398円499円
    作家 文藝春秋
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/04/23

    新創刊! 世の中で起きていることの本質を自分の目と耳でとらえ、 自分の足で生きる道を切り開いていきたいと願う、 大人の女性のための年3回刊の雑誌です。 【スペシャルグラビア】 ■表紙画を描...

文春新書関連作品

「ノンフィクション・ドキュメンタリー」カテゴリ