読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

昭和天皇 最後の侍従日記

昭和天皇 最後の侍従日記
電子書籍版
価格 968円(税込)
ポイント還元 9ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 352
販売開始日 2019/04/19
紙書籍版 取り扱い中

戦争責任言われ「つらい」――崩御の2年前、昭和天皇はそう侍従に漏らしていた。

2018年8月に共同通信が故小林忍侍従の日記の存在をスクープして話題になった。昭和天皇を身近で支え、平成への代替わりも見届けた小林氏の日記は、昭和49年から平成12年まで27年間の宮中生活が綴られており、昭和天皇が晩年まで戦争の影を引きずり苦悩する姿や、昭和の終焉に至る状況、宮中から見た代替わりの儀式の様子が詳しく記されていた。

『昭和天皇実録』刊行後に見つかった日記の全容を初めて公開する。巻末に半藤一利氏と保阪正康氏による解説対談を収録。

【目次】
第1章 昭和49年~51年 昭和天皇の涙
第2章 昭和52年~56年 皇后の体調不安
第3章 昭和57年~60年 寛仁親王皇籍離脱騒動
第4章 昭和61年~63年 戦争責任への言及
第5章 昭和64年~平成12年 昭和の終焉、平成へ
解説対談 小林忍日記を読む 半藤一利、保阪正康

小林忍関連作品

  • 航空機事故に学ぶ 危険学の視点 1320円
    作家 小林忍
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/18

    技術の進化と事故の教訓から学び、最も安全な乗り物になった航空機。しかし一方で新たな危険が。技術者の視点で語る航空機事故。

  • 航空機事故に学ぶ 危険学の視点 1320円
    作家 小林忍
    出版社 講談社
    販売開始日 2015/02/11

    日本航空で長年、技術・安全分野の責任者として活躍した著者が、航空機の事故と安全について、最新技術、法律との関係、経営との関係、社会との関わり、他の産業との比較など、さまざまな視点から探る。現代の...

文春新書関連作品

「ノンフィクション・ドキュメンタリー」カテゴリ