読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

大正デモグラフィ 歴史人口学で見た狭間の時代

大正デモグラフィ 歴史人口学で見た狭間の時代
電子書籍版
価格 791円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 248
販売開始日 2020/05/22
紙書籍版 取り扱い中

スペイン・インフルエンザ、結核拡大、そして関東大震災。
未曾有の疫病や近代化に伴う社会の拡大・密化は、庶民の生活にどのような影響を及ぼしたのか。
人口の推移をベースに紐解く大正時代の姿!

「デモグラフィ」とは、出生・死亡・移動などの人口統計全体、あるいは人口の研究を指す言葉である。
つまり本書は、新たに発掘された史料、進展してきた歴史人口学の成果を踏まえ、
大正期を人口という窓を通してながめてみよう、という意図のもと書かれた。
その視点で検討してみると、従来「デモクラシィ」の時代と呼び習わされてきた大正期も、
必ずしも明るく進んだ面ばかりではなかったことが分かる。

大正時代を捉え直す意欲的な1作。


速水 融(はやみ あきら)
1929年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。経済学博士。同大学教授、国際日本文化研究センター名誉教授などを歴任。
江戸時代の宗門改帳などの収集・分析を通じて近代以前の人口の変遷、人々の生活を明らかにする歴史人口学を切り拓いた。
2009年文化勲章受章。『歴史人口学の世界』『歴史人口学で見た日本』
『日本を襲ったスペイン・インフルエンザ 人類とウイルスの第一次世界戦争』など著書多数。2019年12月逝去。

小嶋美代子(こじま みよこ)
1948年生まれ。青山学院大学卒業、麗澤大学大学院国際経済研究科博士課程修了。経済学博士。著書に『明治・大正期の神奈川県』。

速水融関連作品

  • 歴史人口学で見た日本 740円
    作家 速水融
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2020/05/22

    江戸時代は結婚数年で離婚多数、核家族化で人口爆発ーー。 人口史料への立体的アプローチによって、近世庶民の一生と暮らしが鮮やかに蘇る! 歴史人口学の面白さがわかる第一人者による入門書。 コンピュ...

文春新書関連作品

「文化人類学・民俗学」カテゴリ