読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

聖徳太子に秘められた古寺・伝説の謎 正史に隠れた実像と信仰を探る

聖徳太子に秘められた古寺・伝説の謎 正史に隠れた実像と信仰を探る
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1540円(税込)
ポイント還元 15ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 272
販売開始日 2021/04/23
紙書籍版 取り扱い中

■2021年、太子御遠忌1400年! 和の精神 神仏習合 憲法・冠位 対等外交...古代史のカリスマ・聖徳太子の足跡から聖者伝説の真相を明らかに。
教科書から「聖徳太子」の呼称が消えて久しいが、厩戸王こと聖徳太子は、摂政として天皇を補佐し、十七条憲法の制定、遣隋使派遣など、大陸文化の積極的な受容に努め、国家の体制づくりに尽力したことで知られる。教科書が描き、一般的にイメージされる太子像は、仏教を重んじた辣腕の政治家であり、古代史のカリスマであろう。だが、『日本書紀』などが「聖者」として太子を礼賛する一方で、太子にまつわる謎・不明な点は多い。いかにして聖徳太子は「聖者」(カリスマ)となり得たのか? 日本書紀を精読し、あえて書紀が描かなった部分を、各地の太子の足跡・伝承からも補足しながら、古代史の第一人者が謎解き風に真実に迫る歴史教養本。

[目次]
第1章 聖徳太子の生涯を知る
第2章 斑鳩と法隆寺の謎
第3章 聖徳太子ゆかりの古寺と史蹟
第4章 聖徳太子伝説の謎


<編者略歴>
瀧音能之(たきおと・よしゆき)
1953年生まれ、駒澤大学文学部歴史学科教授。研究テーマは日本古代史。特に『風土記』を基本史料とした地域史の研究を進めている。主な著書に『風土記と古代の神々』(平凡社)、『出雲古代史論攷』(岩田書院)、『古事記と日本書紀でたどる日本神話の謎』『図説 古代史の舞台裏』『古代日本の実像をひもとく出雲の謎大全』(以上、青春出版社)、『図説 古代出雲と風土記世界』(河出書房新社)、『古代出雲を知る事典』(東京堂出版)、『出雲大社の謎』(朝日新聞出版)など。監修書に『最新発掘調査でわかった「日本の神話」』(宝島社)などがある。

<執筆者略歴>
古川順弘(ふるかわ・のぶひろ)
1970年、神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。宗教・歴史分野を扱う文筆家・編集者。『人物でわかる日本書紀』(山川出版社)、『古代神宝の謎』(二見書房)、『仏像破壊の日本史』(宝島社)ほか著書多数。


※この電子書籍は株式会社ウェッジが刊行した『聖徳太子に秘められた古寺・伝説の謎 正史に隠れた実像と信仰を探る』(2021年4月17日 第1刷)に基づいて制作されました。
※この電子書籍の全部または一部を無断で複製、転載、改竄、公衆送信すること、および有償無償にかかわらず、本データを第三者に譲渡することを禁じます。

瀧音能之関連作品

  • 「鬼滅の暗号」解読の書 990円
    作家 瀧音能之
    出版社 宝島社
    販売開始日 2021/01/14

    歴史史料グラビア 人々が恐怖した鬼の姿 はじめに なぜ日本人は鬼退治の物語に惹かれるのか 1章 キャラクターに隠された暗号 『鬼滅の刃』はマイノリティを描いた物語だった キャラクターたちは「...

  • 古事記と日本書紀 謎の焦点 759円
    作家 瀧音能之
    出版社 青春出版社
    レーベル 青春文庫
    販売開始日 2020/04/28

    『古事記』と『日本書紀』は、古代日本の真実をどこまで明らかにしたのか。天地開闢、天孫降臨、ヤマタノオロチ、倭の五王、任那日本府、聖徳太子、大化の改新、壬申の乱...。「記・紀」を通して読み解く、...

  • 古代日本の実像をひもとく出雲の謎大全 990円
    作家 瀧音能之
    出版社 青春出版社
    販売開始日 2018/04/13

    “神々の国”出雲で、その時何が起きたのか。『古事記』『日本書紀』『風土記』などの文献、「出雲大社」をはじめとする神社、神事、「神庭荒神谷」「加茂岩倉」など様々な遺跡......。あらゆる角度から...

  • 「古代史」ミステリーツアー 638円
    作家 瀧音能之
    出版社 大和書房
    レーベル だいわ文庫
    販売開始日 2016/04/08

    邪馬台国から出雲神話、聖徳太子、天孫降臨、ヤマトタケルまで...17のルートで遺跡や古墳を辿りつつ古代史の謎に迫る!

  • 出雲大社の謎 660円
    作家 瀧音能之
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日新書
    販売開始日 2015/09/04

    「縁結び信仰」のいわれは何か? 高さ24メートルもある本殿など、その建築様式が巨大なのはなぜか? いまだ解明されていない出雲大社の起源にかかわる謎に迫り、古事記、日本書紀と出雲国風土記の神話から...

ウェッジ関連作品

  • 「安南王国」の夢―ベトナム独立を支援した日本人 2640円
    作家 牧久
    出版社 ウェッジ
    販売開始日 2021/07/23

    ■戦争と革命、夢と挫折―― 百年にわたる日越交流の秘史。 明治45年1月、一人の少年が故郷・天草から船でベトナムへ旅立った。その6年前、ベトナム王朝末裔の青年が故郷を脱出し、日本へ密航する。二...

  • 鬼と異形の民俗学―漂泊する異類異形の正体 1540円
    作家 飯倉義之
    出版社 ウェッジ
    販売開始日 2021/07/17

    ■鬼はなぜ藤を嫌うのか?――『鬼滅の刃』ヒットに潜む異界の符牒 酒呑童子、百鬼夜行、ナマハゲ、羅城門の鬼... 日本人が長い歴史のなかで追いやった 怪異を具現化した「鬼」の正体とは? [目次]...

  • 満蒙開拓、夢はるかなり 加藤寛治と東宮鐵男 (1~2巻) 1760円
    作家 牧久
    出版社 ウェッジ
    販売開始日 2021/06/25

    ■教育者・加藤完治と軍人・東宮鐵男。満蒙開拓に情熱を傾けた二人の波乱の人生と、開拓移民の夢の行方を戦後70年に問うノンフィクション大作。 「共に往かん アムールの果て 韃靼の海」(東宮鐵男)。未...

  • 愛蔵版 心に響く101の言葉 1430円
    作家 多川俊映
    出版社 ウェッジ
    販売開始日 2021/06/25

    ■藤原氏ゆかりの奈良の古刹・興福寺の前貫首が、仏の教えと深い学識をもとに古今の名言を選び、自らの書とエッセイで綴る。心に響く、迷いが晴れる、言葉による人生の処方箋。 「沈黙によって魂を洗う」「自...

  • 不屈の春雷 十河信二とその時代 (1~2巻) 1980円
    作家 牧久
    出版社 ウェッジ
    販売開始日 2021/05/21

    ■東海道新幹線「生みの親」として知られる元国鉄総裁・十河(そごう)信二の波乱の前半生――。 東京帝大在学中に時の鉄道院総裁・後藤新平と出会い、鉄道院に入る。帝都復興院で関東大震災の復興事業に携わ...

  • 社会人に必要な9つの力 1320円
    作家 齋藤孝
    出版社 ウェッジ
    販売開始日 2021/04/23

    ■働く本質を語り尽くした、一人前の社会人になるための必読書 仕事ができる、できないが露骨に問われる時代だからこそ必要なのが「社会人として必要な力」です。それは「ほう・れん・そう」ではなく、「アウ...

「古代」カテゴリ