読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

頭痛・肩こりが解消! 自律神経が整う!名医が教える「まぶたテープ」

頭痛・肩こりが解消! 自律神経が整う!名医が教える「まぶたテープ」
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1540円(税込)
ポイント還元 15ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 112
販売開始日 2021/06/04
紙書籍版 取り扱い中

あなたは大丈夫?まぶたが下がっていると感じませんか?「眼瞼下垂(がんけんかすい)」に伴う症状を解説
頭痛・肩こり・眼精疲労・うつ・冷え性・不眠・噛みしめ・食後に眠くなる――
あなたの不調は“下がりまぶた”が原因かも!まぶたを上げれば体の不調がスッキリ!

肩こりが改善し、片頭痛もラクになった!(55歳・女性)
長年の眼精疲労がラクになり、目薬が不要になりました(42歳・女性)

20代から始まるという「眼瞼下垂」。
黒目にまでまぶたが下がると手術が必要ですが、手術までいかなくても、まぶたが下がることは体の不調と密接にかかわりがあるため、放置してはいけません。
まぶたの筋肉「ミュラー筋」にはセンサーがあり、まばたきなどによる刺激が脳の覚醒の中枢である青斑核に伝わり、覚醒のスイッチが入るようになっています。
この青斑核への刺激は、交感神経の緊張につながり、ときに体の不調を引き起こしてしまいます。
まぶたが下がると、まぶたを持ち上げるためのミュラー筋への負担が大きくなり、青斑核を刺激しやすくなります。そのため、まぶたが下がっている人は、頭痛、肩こり、自律神経失調症から不眠、顎関節症といった不調を抱えている人が多いのです。
一方で、まぶたをテープで上げると、ミュラー筋の負担が少なくなるので、「不調が改善した!」という人が多いことがわかっています。
著者は眼瞼下垂の権威である松尾清氏。
松尾氏が眼瞼下垂のメカニズムや「まぶたテープ」のやり方をレクチャーし、体の不調を改善します。

●目次
第1章 頭痛、肩こり、目の疲れ、自律神経の乱れの原因はまぶたにあった!
第2章 あなたのまぶたの状態をチェックしよう!
第3章 「まぶたテープ」でまぶたを上げて軽くし、不調を改善!
第4章 まぶたのセルフケア法

※この電子版はカラーページが含まれます、カラー表示できる端末をご使用下さい。

扶桑社BOOKS関連作品

扶桑社関連作品

「健康法」カテゴリ